これから新居を探すかたのための、賃貸物件選び情報が満載!大阪梅田での賃貸事務所、レンタルオフィスの情報。

TOP レンタルオフィス 大阪のレンタルオフィスで起業

もくじ

  1. 大阪のレンタルオフィスで起業
  2. 大阪駅近辺のレンタルオフィスの解約の申請
  3. レンタルオフィスは契約手数料もある

大阪のレンタルオフィスで起業

大阪で起業する方は東京に次いでおおいのですが、人口が多いから当たり前といえば当たり前なのです。

やはりダントツに多いのは東京ですが、最近では日本における起業件数は徐々に増えてきています。

2010年くらいから徐々に増え、新設法人では年間130000件ぐらいあります。最近は小さな会社が増えているように思います。

資本金500万円以下の会社が増えているのです。そのような会社の場合、立ち上げに大きな費用はかけられません。

そうなると家賃の安いレンタルオフィスというのは選択肢かもしれません。

レンタルオフィスには会社登記ができるものもあるのでそれを利用するとレンタルオフィスを利用した起業というのもありだとはおもいます。

特に人数が少ないうちはレンタルオフィスの方がセキュリティー的にも安心かもしれません。

レンタルオフィスならセクレタリーもいますし、セキュリティーに力を入れいるので泥棒に合うようなことも少ないのではないでしょうか?

さすがにシェアオフィスやコワーキングスペースでは起業できませんが、個室のレンタルオフィスならいいでしょう。

家を会社登記するといろいろなトラブルに巻き込まれた時に家にいろいろな方が来たりしますので家を会社登記するのはやめた方がいいでしょう。

特に会社の立ち上げはうまくいくとは限らないので失敗のリスクをより慎重に考える必要があります。

あと、レンタルオフィスの場合、FAXなども用意するする必要がないのでかなり予算が小さくてすみます。

FAXや机などをそろえるのは結構な費用がかかり、負担になります。大阪には多くのレンタルオフィスがあるのでその中から自分にあったところを選ぶといいでしょう。

大阪駅近辺のレンタルオフィスの解約の申請

入居する際に、大阪駅近辺のレンタルオフィスの解約時の事について確認するのは少し早い様に感じられる事もあります。

しかし、大阪駅近辺のレンタルオフィスを利用するのであれば、解約時の事について確認する事も重要となります。

特に、大阪駅近辺のレンタルオフィスを利用していると、解約したい時にはいつまでに申請すればいいのかという事を確認しましょう。

大阪駅近辺のレンタルオフィスを退去する1カ月前には申請しないといけないなど、ルールが決められている事が多い様です。

大阪駅近辺のレンタルオフィスを利用していて、できるだけ早く退去したい場合には、その分早く申請するという事が大事です。

レンタルオフィスは契約手数料もある

契約することになった場合、会社側は長期的な契約の場合に限り、契約手数料を取るようにします。レンタルオフィスを使ってもらうのはいいですが、安い金額で利用させること、そして使った後に修復の必要があるなど、敷金の代わりとして請求することもあります。

この場合は支払いに応じる必要がありますので、手数料も払うようにしてください。また手数料が高いと思っても、契約金を抑えてくれる業者もあります。あまりにも高い金額を払うくらいなら、契約金なども含めてレンタルオフィスの費用を抑えられるようにしつつ、安く使えるオフィスを考えた方が良いです。

レンタルオフィスに関する記事

ページトップへ戻る